「金?プラチナ?お金になるの?」の巻

 

先日お客様がご来店され、申し訳なさそうに

 

ビニール袋を私に手渡してこられました。

 

その袋の中には

 

たくさんの金色のブローチやネックレス、指輪などが・・・・。

 

お客様 :「これって金?ですか・・・。」

 

私は全力の笑顔で

 

「ちょっと確認いたしますのでしばらくお時間頂けますか?」

 

初めてのご来店で不安な表情。

 

お客様はチョコンとテーブル向かいの席につかれました。

 

 

 

 

ルーペで確認しながら手で持った感触と重さで仕分け、

 

正確にしかも手早く金の種類と重さから

 

金額を算出しお客様に提示すると・・・

 

お客様がそれまでの不安そうな表情から、

 

びっくりした笑顔に激烈変化!

 

 

お客様は

 

お客様 「あ″っ!マジですか?、うれし~っ」

 

 

聞くとコロナで巣ごもり中、家族総出で実家の断捨離してる最中に

 

金色の飾りや指輪がたくさん出てきたんだとか・・・。

 

家族一同みんな「メッキじゃし、お金にならんよ。」と。

 

 

ご家族を代表してお客様がご来店したわけです。

 

 

袋の中の金属はご家族がおっしゃっていたメッキが

 

半分以上を占めていたのですが、

 

それでも数枚の一万円札をパタパタと数え、

 

笑顔で一杯のお客様へ手渡すと

 

お客様はカバンの底に深く押し込み、

 

喜んでブランドらんどを後にされました。

 

 

お店ではこういう事はよくあるのですが、

 

断捨離や片付け・整理で出てきた品物はもしかしたら・・・?

 

 

捨てる前には

 

「ハテナ?= ブランドらんど」

 

に是非問い合せてください。

 

 

「ハテナ?」の時にはブランドらんど!

 

ご来店が無理な場合、出張査定もしております。

 

 

「誠実にまっすぐに、すべてはお客様の笑顔の為に!」

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL